ABOUT | すっぱい林檎の専門店。

すっぱい林檎の専門店。について

【店舗住所】
岩手県盛岡市上田1-11-23(〒020-0066)
※カフェと美容室に挟まれた、3軒入った長屋のまんなか。白枠のガラス扉が特徴です
※青りんご・ブラムリーのオブジェが店頭の柱についています。ご来店の際は目印にしてください

【店舗営業日】
open 11:00-18:00
水・木・金・土・日(月火お休み)
※月火が祝日の場合は臨時営業することもあります。各種SNSでもお知らせします

【店舗で利用できる決済方法】
現金・クレジットカード(VISA、Master、JCB、Amex、Dinersなど)・ApplePay・iD・QuickPay・交通系ICカード(スイカやパスモ等)・d払い・PayPay・LINEPay・auPay

【電話番号】
050-3700-0056(11時~18時)

【主力商品と特徴について】
●クセになるすっぱさのアップルパイと、すっぱいりんごジュースが人気です。ジュースもアップルパイもりんごの品種別に製造していて、5段階のすっぱさレベルから選べます。

●果汁100%のストレートりんごジュース
一番人気は一番酸っぱい【レベル5】。ブラムリーという青りんごを使っています。最初はそうでもなかったのに「また飲みたいな」と、なんだかはまってしまう、ちょっと中毒性のあるすっぱさが人気。男性にもリピーターが多いりんごジュースです。

●甘いのから酸っぱいのまで人気のアップルパイ
タルト生地とクランブルで焼き上げたアップルパイです。しっかり焼いた耳部分と、ザクザクしたクランブルは、それだけ食べても香ばしくて美味しいです!フィリングには薄くスライスしたりんごがぎっしり詰まっていて、ほんのり甘いクランブルとの相性ばっちりです。

●レシピが一緒だからりんごの食べ比べができる
アップルパイのレシピはりんご以外は同じ。違いはりんごそのものが持つ甘さ・酸っぱさのバランスの違いです。りんごをそのまま食べ比べするより、品種の違いが分かりやすいかもしれません。ぜひ何種類か食べ比べてみてください。

●シンプルな原材料
各商品ページに原材料を書いていますが、どれもシンプルな製法で、なるべく少ない原材料で作っています。アップルパイの小麦粉や全粒粉は岩手県産南部小麦を使用。また、バターの代わりに菜種油を使っています。シナモンも使っていますがごく少量です。(酸っぱいほどシナモンがあまり気にならなくなります)

●プレゼントにもお使いいただけるジャム
りんごジャムはどれもりんごとお砂糖だけ。お砂糖はてんさい糖、もしくはビートグラニュー糖を使用しています。長期保存できる糖度にしているので、仕上がりは甘めです。



◯当店ができるまで
2014年2月、半ば旅行のような出張で向かったりんご旅・フランスで、小ぶりですっぱいりんごに出会いました。興味を惹かれ、調べていくうちに、聞いたこともないりんごが世界中にたくさんあることを知りました。

国内でもこうしたすっぱいりんごが手に入らないか、長野・青森・岩手など国内のりんご産地を巡りました。その過程で出会った生産者さんや応援してくださる方のおかげで、2018年11月、盛岡市内に「すっぱい林檎の専門店。」をオープンすることができました。

▼当店人気商品