~りんごのすっぱさ推し!~

ブログ

2023/01/17 01:43

岩手県盛岡市にある「すっぱい林檎の専門店。」です。
いつもご利用いただき、ありがとうございます!

所在地を強調しているのにはワケがあるんです。
おそらく、この数日、同じようにウキウキモードな盛岡市民が増えているのではないでしょうか。

理由は、13日に発表されたニューヨークタイムズ(電子版)の記事「52 Places to go in 2023」です。

世界の52の街が、今年行くべきおすすめの旅行地として紹介されているのですが、盛岡市がロンドンに次いで2番目、Top2として紹介されていたのです。

アジアではほかに、福岡、台北、ブータンも選ばれていました。他に選出された年も、既によく知られていたり、観光地として有名な都市で、盛岡の登場が急すぎて、びっくりしています。
まさに”完全に見過ごされていた街”(イイ意味で?笑)

記事が発表された直後から、岩手県内のニュース番組でも後追いで紹介されているのですが、あと数日はこの話題が続きそうです。

盛岡市の広報によれば、全国ネットのニュースや情報番組でも紹介される予定があるようなので、見かけたらこのことかと思ってください♪


●Morioka city named one of '52 Places to Go' worldwide in 2023

実は、私がウキウキの理由は、盛岡が第2位ということだけではありません。

ニューヨークタイムズで盛岡市を紹介する記事中、特定の店舗が何カ所か名前出しで紹介されています。
(全都市がそのように紹介されているわけではなく、盛岡がなぜかピンポイント!ラッキー!)

そのうちのひとつが、私が愛飲するカフェラテの「Nagasawa Coffee」さん。
イタリアの建築雑誌でも内装の素敵さを紹介されたカフェであり、コーヒーのロースターです。

そして当店のお隣さんなのです!
(これが最大のウキウキポイント)

Nagasawa Coffeeさんは、もともと当店の入居スペースでお店を開いていたのですが、同じ建物内で隣に移転するということになり、空いた場所を電光石火のごとく申し込んで当店がオープンしたのが2018年のことです。

お隣さんになる前から”いち”お客として、時々お店に伺っていたのですが、まさかそこに自分が店を出すとは思ってもみませんでした。
今では週5でカフェラテやコーヒーをテイクアウトしてお世話になっています。


話は戻ってニューヨークタイムズの記事ですが、盛岡が選ばれた理由は、東京から新幹線で2時間10分という距離と、和洋折衷の建造物や観光地を歩いて巡れる、という点が大きいようです。

それは恐らく、盛岡駅からほぼ一直線のルートで巡れる、開運橋、大通り、盛岡城跡公園、櫻山神社、中ノ橋、河南地区、盛岡八幡宮エリアを指していると思われます。
このルートは盛岡駅からバスで移動することもできますし、健脚であれば最初から歩いて巡ることもできます。

上の写真は私がおすすめの散策地ですが、このルート沿いにあります。
がっつり観光地化されたスポットではありませんが、用事があって近くを通るとしばし眺める場所で、まったりしたい時にはおススメです。


が、しかし!
こうした場所からNagasawa Coffeeさん(および当店)は、ちょっと違うエリアにあるのです。
ローカル番組で「こだわりの専門店が多い」と紹介されたこともある、上田通りという場所にあります。

▼上田通り、当店付近

上田通りのランドマークは岩手県立中央病院ですが、付近には岩手大学、盛岡第一高校、上田中学校など学校も多い文教地区であり住宅地。
駅から歩けないこともないですが、最近はNagasawaさんめあてにタクシーで来られる方が増えています。
(ニューヨークタイムズの記事以前から、Nagasawaさんは県外からのお客様も多い有名店なのです)

あ、福田パン本店まで来られるなら、その勢いで上田通りに歩いてくるのは有りだと思います。
盛岡にお越しの際は、ぜひ「上田通り」もチェックしてくださいね!


すっぱい林檎の専門店。

ブログトップへ
Copyright © すっぱい林檎の専門店。. All Rights Reserved.